業務用脱毛機なら最新美容機器メーカーJenimo【ジェニモ】

縦型脱毛機に関して

縦型脱毛機と卓上型脱毛機の違い

縦型(タワー型)業務用脱毛機は卓上型脱毛機よりハイスペックなマシンです。
縦型は、3,500Wのハイパワー。卓上型は、3,300Wのパワーを搭載しています。そのため、【毛の抜け】は縦型がより強力です。

また、縦型業務用脱毛機は、マイナス20℃の冷却機能を搭載。卓上型は、マイナス15℃のため、冷却面も縦型がより強力です。
卓上型に比べ、縦型の方がパワーが強く、メンズの濃いヒゲでも1回目から効果を実感していただけるため、何度も通っていただけるサロンを実現できます。
新規で脱毛サロンを開業予定の方、ジムや美容サロンに導入をご検討の方は、縦型業務用脱毛機がおすすめです。

縦型脱毛機と卓上型脱毛機の違い

日本語画面の使いやすさと多様性

ジェニモは「機械の操作が比較的苦手な女性でもすぐに使いこなせるような画面を作る」ことにこだわって製作しました。

まずは、完全日本語表記で誰でも簡単に操作できます。

また、女性用と男性用で画面を分けるだけでなく、色が白い方から焼けた肌まで対応できるようにあらかじめ出力を調整した6種類の設定画面にすぐに切り替えることもできます。

さらに、1~60段階まで出力パワーを設定できるだけでなく、「パルス幅」や「照射スピード」まで細かく設定可能です。

なので、初めからお客様に合わせて細かく出力を設定することも可能ですし、お客様の肌色に合わせて上記6種類の内1つを選び、そこからさらに細かく設定することも可能なので、 キッズからメンズの濃いヒゲなどあらゆるニーズにお応えすることができます。

日本語画面の使いやすさ

6つのメリット

1.国内最高出力の3,500W。
2.1ショット0.1円。
3.全身脱毛が11分で完了。
4.女性でも簡単に操作ができる画面設計
5.フェイシャル機能搭載で、単価アップ可能。
6.日本製コンデンサーで安全性が非常に高い。
7. コンプレッサーという新しい冷却システムを搭載して、温度を一定に保ち、持続作業時間アップ、完全性が高く、より良い脱毛体験が可能。

6つのメリット

スペックに関して

機種名 Jenimo(ジェニモ)
本体価格 154万円(税抜)
出力 1~60J/㎠
最大出力 3500w
脱毛方式 IPL・SHR・E-light(IPL+RF)
ハンドル数 2本
連射機能 1秒間に最大10連射
パルス幅 1~20ms
出力波長 脱毛 690nm~950nm
フェイシャル 430nm~1200nm
スポットサイズ IPL(脱毛)15mm×50mm
IPL+RF(フェイシャル)8mm×40mm
冷却システム ペルチェ素子 + 水冷式 + 風冷式
ランプ交換 55,000円(税込)(500,000発)
ハンドピース交換 110,000円(税込)(ランプ交換含む)
光源 キセノンランプ
照射面 クリスタルサファイヤ
原産国 日本

スペックに関して