業務用脱毛機なら最新美容機器メーカーJenimo【ジェニモ】

毛が抜ける理由と壊れにくい理由

脱毛機の重要部品コンデンサー

業務用脱毛機には、コンデンサーという部品が搭載されています。
コンデンサーは、電気を貯めて、安定的に高出力で照射する為に必要な部品です。

コンデンサーに貯められる電気の容量はμf(マイクロファラド)という単位が使われます。
弊社の脱毛機には、52,500μfのコンデンサーが搭載されています。
エントリークラスの業務用脱毛機のコンデンサー容量は10,000μf程度のため、Jenimo【ジェニモ】は、非常に大きな電力を貯めることが可能になっています。

コンデンサーの容量が低いと、十分な電気を貯められず、パワー不足になります。
また、電気容量が低いため、大きな負担がかかり機器の故障に繋がります。

Jenimo【ジェニモ】は、日本製の高品質・大容量コンデンサーを使用している為、連射でも高出力で安定した照射ができます。
耐圧も450Vで余力があり、故障知らずの業務用脱毛機です。

検討段階にある脱毛機のコンデンサの容量がどれほどあるのか、しっかり確認することをおすすめします。

脱毛機の重要部品コンデンサ

どこにも負けない内部構造

弊社の脱毛機は内部構造に大きな自信があります。

他社の業務用脱毛機の低価格に惹かれ購入したが、内部構造がスカスカ、配線がバラバラで故障が頻発ということがあるのが現実です。サロン経営者様にとっては、とても残念な状況ですよね。。。

また海外で安い部品、雑な作りで生産された脱毛機が爆発、発火、発煙といった事例がある事は有名な話です。
構造が雑な脱毛機を導入してしまうと、お客様にケガをさせてしまう可能性が上がるため、気をつけなくてはいけません。

弊社業務用脱毛機Jenimo【ジェニモ】は、SCS(新型強力冷却システム)、5リットルの冷却水、2つのラジエータ、5つの冷却ファン、ハンドピースにはペルチェ素子を搭載しており、冷却システムはマイナス20℃と、どこにも負けないものとなっております。
そのため、安全性が非常に高いです。

販売価格が安いからと言って、内部構造をおろそかにしていることは決してありません。
他社と同程度の広告費、営業人件費をかけたと仮定すれば、販売価格は300万円をゆうに超える性能・品質となっております。

どこにも負けない内部構造

水回りの故障について

業務用脱毛機の故障の3大要因の1つに、「水回りの故障」があります。

例として、ハンドピースが3本以上の場合、冷却水の流水経路が増えるため、故障リスクが上がります。

業務用脱毛機ジェニモは、ハンドピースが2本で、IPL・SHR脱毛・フォトフェイシャルの施術ができます。
ハンドピースにフィルターを内蔵し、自動可変式で施術メニューの切り替えが可能なため、使いやすいのが特徴です。
従来の脱毛機は、複数本のハンドピースを取り付け、フィルターを付け替えることで、メニューの切り替えを行います。
この方式の場合、施術時間が伸び、かつ、故障リスクも増大するため、おすすめ出来ません。

2つ目の「水回りの故障」として、流水フィルターの故障がございます。
従来式の業務用脱毛機では、水回りの構造が脆弱なために、故障頻度が高いものもあります。
お客様からのお問い合わせで多いのは、「3ヶ月に1回の頻度で、流水フィルターに埃が溜まり、壊れ、冷却機能が低下してしまう。」などがございます。

業務用脱毛機ジェニモは、流水のろ過装置を内臓しております。
そのため、流水フィルターに埃などが溜まる心配がないので、水回りの故障事例はございません。

水回りの故障について

発光時の電圧抑制機能について

業務用脱毛機の故障の3大要因の1つに、「発光時の過度な電圧による故障」があります。

従来の脱毛機では、コンデンサーに蓄電されている電圧を調整できず、長時間の施術中、発光時に極端な電圧がマシンにかかりました。
それによって、お客様への照射時の痛みが増すことや、マシンへの過度な負荷により故障することが多々ありました。

ジェニモでは電圧調整器を取り付けることによって、発光時に過度な電圧がかからない設計になっております。
そのため、お客様への施術中の過度な痛みやマシンの故障トラブルの軽減を実現しています。

発光時の電圧抑制機能について

ハンドピースの故障について

業務用脱毛機の故障の3大要因の1つに、「ハンドピースの破損」があります。

施術時にハンドピースを落としてしまった、ぶつけてしまったことによってハンドピースが壊れることが良くあります。

そこでジェニモのハンドピースは耐久性に富んだ「ポリエチレン」を素材に使用しております。
ポリエチレンは柔らかく弾力がある素材であるため、落としても傷つきずらく、軽い素材であるため女性でも簡単に操作できます。

さらに、ジェニモのハンドピースには施術中の手首につけることができる「安全ストラップ」を付属しております。
安全ストラップを使用することで、万が一ハンドピースから手が離れても地面に落ちないようになっています。

ハンドピースの故障について